禁煙する時は周りの人に宣言すると良い

禁煙するぞ!!と決めても、喫煙者にとってはなかなかタバコを止めるのは難しいものです。ニコチンの禁断症状に悩まされたり、タバコを吸いたいという欲求に負けそうになってしまいます。そんな辛い禁煙に打ち勝つためにも、禁煙する時には周りの人に宣言すると良いです。禁煙すると宣言することで、自分自身へ言い聞かせることにも繋がるし、周りの人に宣言したことで、有言実行しようとモチベーションも高まります。そして、周りの人の期待を裏切らないようにしようという気持ちも湧いてきます。禁煙することは身体にとっていい事尽くしですので、禁煙の効果とメリットを確かめてみるのも有効的です。

タバコを吸いたいという欲求に負けそうで、精神的に落ち着かない時でも、親しい友人と話したりどこかへ出かけたりして、気分転換することができます。タバコを吸いたい気持ちを紛らわすことができるし、友達と楽しい時間を過ごしていれば、タバコのことを考えずにすみます。また、会社の飲み会に誘われた時でも、禁煙宣言をしていればお酒の席でタバコの誘惑から逃れることもできます。誘惑に負けてタバコを吸おうとしたら、同僚や先輩が止めてくれることもあるかもしれません。家族に禁煙宣言をしておくのも、効果があります。ニコチンの離脱作用でいらいらしている時でも、禁煙の症状が出ているのだと理解を得ることができます。

禁煙をしたい人が病院に行って禁煙する方法に禁煙外来と呼ばれるものがあります。そこでよく出される薬がチャンピックスです。実際に病院で治療をしてみると、12週間で計5回の診療を受けると保険適用で約2万円かかるのが相場です。しかしこれにもルールがあって、最大でも保険が適用されるのは12週間までになっています。例えば、その期間に治療が終了せず、他にも未成年であるなどの保険対象外だった場合には全額自己負担になります。その場合はチャンピックスだけでも保険適用で1万3000円だったものが4万3000円と大きく変わってくるわけです。大概の禁煙治療は12週間を超える長期となる為、チャンピックスなどのトータルコストも可也の額となります。個人輸入代行サービスなどを使い海外の業者から購入すれば、トータルコストを抑える事が可能です。