チャンピックスの通院回数と成功率について

禁煙外来の待合室のイメージチャンピックスは禁煙外来で処方される禁煙治療薬です。禁煙外来と言うのは、病院の中に作られた診療科で、自らの意思ではタバコを止めることが出来ない人が通院を行う事で、禁煙の成功率を高めることが出来ると言われています。尚、チャンピックスは最初に禁煙外来に出向いてから4回の通院回数で禁煙治療を行う事になります。
最初に病院に行くのが初回診察であり、以降の通院回数は4回になります。この通院回数は12週間の中での回数であり、チャンピックスは12週間禁煙治療を受けることで成功率が高くなると言われているのです。因みに、禁煙治療における成功率は78.5%と言われており、10人に8人が禁煙に成功している計算になります。尚、この成功率と言うのは将来にわたっての確立ではなく、禁煙外来治療終了後を基準として、ここから逆算をし、4週間の中で1本もタバコを吸わなかった割合を意味しており、禁煙治療における8週目から12週目の中で1本もタバコを吸わなかった人の割合になります。
尚、この成功率は男性の場合は79.1%、女性の場合が76.6%と言われており、男性の方が女性よりも若干確率はたかくなっていますが、家庭の中に喫煙者がいる事で成功率は下がると言った統計が在り、女性の場合は男性よりも家庭内に喫煙をする人が多いため、女性の成功率は男性よりも低めになると言われているのです。因みに、チャンピックスは初診から12週間の中での治療費用は保険が適用されるのが特徴で、禁煙治療の費用は3割負担になります。
また、12週間以降も続けて禁煙治療を受けることも出来ますが、12週間を超えた場合は保険が適用されないので、費用は全額自己負担になるのが特徴です。禁煙治療は1年を超えた長期に及ぶ為、トータルの費用は馬鹿になりません。そこで、近くに禁煙外来のある医療機関がない場合や、より安い価格でチャンピックスを購入したい方は、個人輸入代行業者などを通じて入手する事となります。

病院で処方されているものなのでチャンピックスの通販は違法?と思っている人もいますが、個人で利用する場合に限り通販で買うことが法律で認められています。転売目的などで買うのは違法ですが、自分で買って禁煙のために使うのは合法なので安心して購入できます。医師の診察を受けていなくても処方箋がなくても購入できますが、全て自己責任となる為、事前の基礎知識が必要です。