チャンピックスの添付文書の要約

インターネット等を利用して、個人輸入によって入手した禁煙補助製剤であるチャンピックスを服用する場合には、チャンピックス 添付文書をよく確認する必要があります。チャンピックスは、医師の診断を受けてから服用する、処方せん医薬品であり、劇薬にも指定されていますから、効果がある一方で様々な副作用も報告されています。ですから、服用には十分な注意が必要なのです。

チャンピックスの(バレニクリン)の要約ですが、まず、チャンピックスの有効成分は、バレニクリン酒石酸塩で、ニコチン受容体に作用してニコチンに対する禁断症状を和らげる働きがあります。チャンピックスの用法・用量は、服用開始1日目から3日目までは、1日1回食後にバレニクリンとして0.5㎎を服用します。4日目から7日目は、0.5㎎を朝食後と夕食後に服用します。そして、8日目以降は1㎎を朝食後と夕食後に服用します。

チャンピックスの投与期間は12週間となっており、それ以上連続して服用してはいけないことになっています。チャンピックスの気になる副作用については、吐気や不眠症が多く報告されており、次いで異常な夢を見たり、頭痛や鼓腸と続きます。さらに重大な副作用として、皮膚粘膜眼症候群や多形紅斑、血管浮腫や意識障害、肝機能障害等が報告されています。そして、これらの副作用が認められた場合には、服用する量を減らしたり、中止したりする必要があります。

また、双極性障害やうつ病、統合失調症等の精神疾患がある場合や重度の腎障害がある場合には十分な観察に基づいて服用する必要があります。さらに、高齢者や妊婦および産後間もない女性がチャンピックスを服用する場合にも十分な注意が必要です。チャンピックス(禁煙治療のお薬)に添付されている文書を紐解いて、人体にどういった影響を与えるのかを検証していきたいと思います。

チャンピックスは、個人輸入代行サービスなどを使えば通常の通販同様にインターネット上で購入が可能です。